メタン資化菌の細胞内レドックスの検出に関する論文がBioresource Technology誌に受理されました。

Real-time monitoring of intracellular redox changes in Methylococcus capsulatus (Bath) for efficient bioconversion of methane to methanol”

メタン資化菌を用いたメタン/メタノール変換においては、生細胞のレドックスバランスを維持することが重要です。本研究では、電気化学的および分子生物学的アプローチにより、メタン/メタノール変換を媒介しているメタン資化菌(Bath)の細胞内レドックスを検出する手法を開発しました。

更新情報

2017年07月24日
東北大多元研の西原先生とのさきがけ領域内共同研究の成果がNature Commun.誌に受理されました。
2017年07月10日
電子移動触媒に関する総説を「光技術コンタクト」誌に寄稿しました。
2017年05月17日
メタン資化菌の細胞内レドックスの検出に関する論文がBioresource Technology誌に受理されました
2017年05月15日
電子移動触媒に関する総説を化学誌に寄稿しました。
2017年05月14日
5/23開催 Electrochemical Material Workshop
トピックス一覧へ ]