センター長より

ごあいさつ

 太陽エネルギー化学研究センターは、2001年(平成13年)に、将来のエネルギー資源および環境保全技術の開拓を目指した研究を推進するために、大阪大学学内共同教育研究施設として設置されました。太陽エネルギーの化学的利用に重点を置いた研究機関は他になく、ユニークな研究活動を行っています。

建物 色紙

 太陽エネルギー化学研究センターの起源は、1981年に創設された基礎工学部附属「太陽光エネルギー化学変換実験施設」にあります。センター建物の玄関には、実験施設創設を記念して、Melvin Calvin教授(1911-1997年)から当時の施設長であった坪村宏名誉教授(1927-2008年)に贈られた色紙が掲げられています。Calvin教授は、植物の光合成における炭素固定回路(Calvin回路)を解明した業績により、1961年にノーベル化学賞を受賞されました。同教授は、後年、エネルギー問題に関心を持ち、地球規模での代替エネルギー開発を目的に、高収率で油脂を生成する植物や人工光合成の研究をされました。坪村教授は、Calvin教授の講演を聞いて感銘を受け(1971年頃)、それまでの分子化学を中心とした研究から、広い意味での「人工光合成」に、研究方向を大きく転換されました。その研究成果に、高効率湿式太陽電池、色素増感太陽電池、可視光型光触媒による高効率水素生成などがあります。これらは、世界の研究を先導した成果として知られています。 当センターは、この学問的系譜を継承し、化学プロセスで製造できる新型太陽電池や、高効率光触媒の研究を進めています。また、微細構造を制御した表面を反応場とする光エネルギーを利用した物質変換反応や、液中の微量イオンの光化学的検出法など、光と物質の関わりに由来する新しい研究領域も開拓しています。

 資源・エネルギー問題、環境問題の深刻さが高まる中、当センターに課せられた使命はますます大きくなっています。関連する研究分野において、大阪大学ではアモルファスシリコン太陽電池、有機系太陽電池、光電子移動の基礎過程など、世界的研究成果が数多く挙げられています。また、関西圏には、太陽エネルギー利用に関連する企業が集中しています。実験施設創設から30年を経過した当センターは、学内外の研究グループとの連携を深め、これまで以上に太陽エネルギー利用に関する研究拠点としての役割を果たしていく所存です。

太陽エネルギー化学研究センター センター長

戸部 義人